映画「フロント・ページ」!名コンビのブラック・コメディ!

2017.03.26.18:00

この映画は、いろいろな数字に縁があります。
原作はベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーの書いた舞台劇なのですが、映画化は4回にものぼります。
最初が1931年の「フロント・ページ」、つぎがハワード・ホークスの「ヒズ・ガール・フライデー」(1940年)、3番目がこの映画で、最後は1988年の「スイッチング・チャンネル」です。
ベストはなんといってもハワード・ホークス作品ではないでしょうか。

【いろいろな数字に縁がある】




ビリー・ワイルダー監督とジャック・レモンの因縁も、もちろん深いです。
ジャック・レモンはビリー・ワイルダー映画に7回も出演しました。
そのうち3本はウォルター・マッソーとの共演です。
これは第2作に当たります。

それはさておき、背景は1929年のシカゴです。
舞台は裁判所内部に設けられた新聞記者クラブです。
ウォルター・バーンズ(ウォルター・マッソー)は剛腕苛烈な編集長で、ヒルディ・ジョンソン(ジャック・レモン)は彼のトップ記者です。

ヒルディは若い女性と婚約し、記者稼業から足を洗いたがっています。
ウォルターはなんとしてもそれを食い止めたいのです。
そんな折、若い死刑囚をめぐる騒動が巻き起こります。
保安官や市長の腐敗も匂いはじめるのです

ここから先のてんやわんやは紹介を省きます。
早口の饒舌を生かした脚本や助演陣の充実ぶりはさすがにビリー・ワイルダー監督というべきなのですが、全体の印象は平板で中だるみの感も免れがたいです。
それでも、当時50代だったウォルター・マッソーとジャック・レモンの精気には眼を奪われます。
弱点も覗く映画ですが、彼らの芝居はやはり楽しいです。

1974年のアメリカ映画です。






スポンサーサイト

映画「恋人よ帰れ!わが胸に」!ウォルター・マッソーが凄い!

2017.03.25.18:00

2002年3月27日に亡くなったビリー・ワイルダー監督は、このときすでにピークを過ぎていたといわれていました。
「お熱いのがお好き」「アパートの鍵貸します」「あなただけ今晩は」と4年間に3本もコンビを組んだジャック・レモンとも、しばらく離れています。
しかも前作「ねえ!キスしてよ」の評判は、あまり芳しいものではありませんでした。
つまり60歳のビリー・ワイルダー監督は、それなりの覚悟を決めて「恋人よ帰れ!わが胸に」を撮らなければならなかったのではないでしょうか。

【ハリウッド・コメディの端境期を映す】




その意気込みは、序盤の快調なテンポに表れていると思います。
舞台はクリーヴランドのフットボール・スタジアムです。
ライン際でゲームを撮っていたテレビカメラマンのハリー(ジャック・レモン)は、ブラウンズの選手に激突され、病院に運び込まれます。
そこへ真っ先に駆けつけたのは義兄のウィリー(ウォルター・マッソー)でした。
悪徳弁護士のウィリーは、テレビ局や球団から巨額の賠償金をむしりとろうと画策しはじめます。

ただし、この快調なテンポはそう長くつづきません。
とくにハリーの別れた妻が悪だくみに加担するあたりから、話のスピードや皮肉は急に落ちるのです。
それでも、臭いほどにあくどいウォルター・マッソーの芝居はかなり舌に残ります。
当時のハリウッド・コメディは少し前から非常に難しい状況を迎えていたそうです。
そしてこの直後には、アメリカン・ニューシネマ(反体制的な人間(主に若者)の心情を綴った映画)の洪水がはじまります。
詐欺や人間問題の扱い方を見ても、「恋人よ帰れ!わが胸に」はそんな端境期を反映したコメディといえるかもしれません。

1966年のアメリカ映画です。






映画「お熱いのがお好き」!コメディの傑作!モンローも素敵です!

2017.03.24.18:00

この映画が公開された1959年、マリリン・モンローは33歳でした。
このとき彼女はすでに、酒と薬物の濫用で精神状態が不安定になっていたそうです。
「バーボンはどこ?」という短い台詞がどうしてもいえず、業を煮やしたビリー・ワイルダー監督が彼女の開けるひきだしのなかに台詞を書いた紙を貼っておくと、マリリン・モンローはかならず別のひきだしを開けてしまったそうです。

【モンローに悩みモンローで輝く】




にもかかわらず、「お熱いのがお好き」のマリリン・モンローはとても輝いています。
「彼女とキスするのはヒトラーとキスするようなもの」とこぼしたトニー・カーティスにしたところで、実はマリリン・モンローとからむシーンが最も光っているのではないでしょうか。

映画の舞台は禁酒法時代のシカゴとマイアミです。
聖ヴァレンタイン・デーにギャングの虐殺を目撃したふたりの音楽奏者(トニー・カーティスとジャック・レモン)が女装してマイアミへ逃げ、そこでとんでもないてんやわんやが繰り広げられるという話は、ご存知の方も多いかもしれません。

それにしても、この映画の「構造」は手が込んでいます。
寝台車の酒盛りやホテルでの追跡劇はマルクス兄弟の作品を連想させますし、一方がロマンティックな世界へ生還するのに他方は「どたばたギャグ」の世界に閉じ込められたまま、という結末はなんとも皮肉です。
マリリン・モンローの一件もあって撮影現場の雰囲気は最悪だったらしいのですが、全篇を貫くお気楽な空気は、手作りのプロ意識もたらしたものといってもよいのではないでしょうか。

1959年のアメリカ映画です。






プロフィール

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
マット・デイモン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる