FC2ブログ

改革を阻止する革新と改革を目指す保守って!逆だろ!!

2019.10.19.18:00

【マスコミと野党は“既得権打破”をナゼ妨害する? 規制改革は既得権益との戦い 国家戦略特区WG座長・八田達夫氏緊急寄稿】

 学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐり話題になった国家戦略特区。
既得権の打破や規制緩和を目指す特区制度だが、一部メディアや野党は、特定事業者との癒着があるのでは、などと追及を続けている。
国家戦略特区ワーキンググループ(WG)座長の八田達夫氏が夕刊フジに緊急寄稿し、「マスコミと野党は既得権打破を妨害するのか」と猛反論した。



 国家戦略特区に関して既得権者を守る報道が続いている。

 事の発端は今年6月、特区WGの原英史座長代理が、改革事項の提案者から200万円の指導料を受け取り、会食接待を受けた」との記事が掲載されたことだ。
もっとも、報道したのは毎日新聞だけで、他紙は追随しなかった。

 原氏は直ちに詳細な反論文を公開して報道内容を否定したうえで、毎日新聞社に対して訴訟を起こした。
この訴訟で、同社は、原氏が直接ないし間接に実質的に金銭を受け取ったことを報じたわけではないと主張している。
個人の名誉毀損(きそん)に関しては法廷で決着されるであろう。

 だが、問題は、毎日新聞が、原氏の事案に絡めて、特区制度への批判キャンペーンを展開し続けていることだ。
批判は、(1)WG委員が特定の提案者に助言するのは「利益相反」であり、(2)WGの一部会合が「隠蔽」されているというものだ。

 これらの批判は、規制改革に関する間違った認識に基づいている。
規制改革は、多くの場合、既得権益との戦いである。
特区WGは、あえてそれに挑む提案者とともに、規制官庁やその背後の既得権団体などとやりあい、既得権益を打ち破るのが任務だ。
改革が実現すれば、提案者だけではなく、すべての者が新たな制度の適用を受ける。
だから、許認可プロセスのように提案の審査・選定を行うわけでなく、提案者に助言してより良い規制改革を実現することはWGや事務局の任務である。
「利益相反」の問題は全くない。

 また、提案者はしばしば、既得権者の攻撃にさらされているから、提案者を守る目的で一定の場合に会議を非公開にすることは当然である。
これは、新聞社の取材源秘匿と同様で、「隠蔽」と呼ぶべきことではない。

 国家戦略特区に関わる民間有識者は連名で、毎日新聞社に訂正を求める抗議声明も発出した。
しかし、三度にわたり共同声明を繰り返したが、毎日新聞からは対応がなく、これに関する報道もなかった。
そのうえ、内閣府や関係者に対し、さらなる取材や、事務局の時間を浪費させる大量の資料請求も続けている。特区関係者としては、これは、正当な報道・取材活動ではなく、特区制度に対する妨害活動と考えざるを得ない。

 さらに国会では、森ゆうこ参議院議員らが、「特区WGは利権の温床」などと特区制度を攻撃し、安倍晋三首相らへの質問を行っている。
だが、誤った報道を前提としているため、全く的外れな質問になっている。
毎日新聞の当初の報道に基づき原氏の名誉毀損まで行ったのは論外だ。

 特区制度は、設立以来、既得権を打ち破り、新規参入者に道を開く数々の改革を行ってきた。
既得権側の一部のマスコミや政治家にとって、この制度は不倶戴天の敵である。
しかし既得権構造の問題を告発することこそ、マスコミや野党の本来の責務のはずである。
真っ当なマスコミや野党は、日本を前進させるために、本来の責務に立ち戻り、理不尽な規制に積極的に立ち向かうべきではないだろうか。

 ■八田達夫(はった・たつお) 1943生まれ。国際基督教大卒。ジョンズ・ホプキンス大経済学博士。ジョンズ・ホプキンス大、大阪大、東京大などで教授を歴任。アジア成長研究所理事長、国家戦略特区ワーキンググループ座長を務める。

【zakzak 2019年10月17日】

それにしても、既得権側についてあぐらをかくのは普通政権側なんですけどね…。
「越後屋、お主も悪よのう」
といったセリフがあるとおり。
これは、権力側の悪代官と、既得権側の越後屋といったところでしょうか。

それが、今や権力側がどうにか改革しようとすると、なぜか野党が阻止する構図。
なんで、こんなことになってしまったのだろう…。
既得権者のマスコミが、野党と手を組んだってことか…??
最悪ですね…。

革新野党が改革推進しなくてはいけないのに、改革阻止。
保守の与党が改革を目指すって!逆だろ!!





スポンサーサイト



児童の事を考慮して給食のカレーやめるって…。

2019.10.18.18:00

【「給食のカレーやめます」教員いじめで保護者説明会】

 教師が教師に激辛カレーを無理やり食べさせるなど理解し難い行為が繰り返された小学校。
保護者向けに開催された説明会も理解し難い内容でした。

 無理やり激辛カレーを食べされるなど、後輩の教師にいじめを繰り返していた4人の教師。
保護者への説明会では動画にショックを受けた児童への対応として給食のカレーを一時、中止することや動画が撮影された家庭科室を改修することが発表されたほか、加害教師4人の謝罪コメントが読み上げられました。
 これに対して保護者からは直接、謝罪すべきとの声がありました。
なぜ児童に直接、謝罪しないのか、明確な説明はありませんでした。
 東須磨小学校ではショックを受けた児童4人が不登校となり、うち2人は今も休んでいるということです。

【テレ朝news 2019年10月17日】

「給食のカレーを中止」って…。
なぜ、カレーをやめなくてはいけないの…。

児童が「カレー」にショックを受けたのか?
ショックを受けた児童をまもるならば、加害者である教師を児童の目にふれさせないことでしょ…。
変な対応ですね…。

「給食のカレーを中止する」という案が出された時に、反論する人間がいなかったのだろうか?
もしそうだとすると、この学校、終わってますね…。





森議員はかなりメンタルが弱いらしい!議員やめたほうがいいよ!

2019.10.17.18:00

【森参院議員の通告問題 野党「情報漏洩」と調査チーム】

 国民民主党の原口一博国対委員長、森裕子参院議員らは16日、国会内で記者会見し、森氏の参院予算委員会での質問通告に対応するため、省庁職員が台風19号が迫っていた11日に深夜残業を強いられたと指摘されている問題に関し、森氏の質問通告の時間や内容が事前に省庁から外部へ流出したとして、衆参両院で合同調査チームを設けることを明らかにした。
立憲民主党などと結成した統一会派の問題として取り組むという。

 森氏は「ある意図をもって、私が質問する前に、質問を封じようとするような動きがあったのではないか」と指摘。
さらに「質問権の侵害であり、憲法に規定された国会議員の発言の自由、憲法そのものに対する挑戦で、重大な民主主義への挑戦だ」と述べ、経緯を徹底調査する考えを示した。

 原口氏らが問題視したのは、森氏の質問前日の14日に放映されたインターネット番組「虎ノ門ニュース」。
森氏の質問通告と官僚の深夜残業が話題となった際、出演者の高橋洋一・嘉悦大学教授が「私も(森氏の質問通告を)見た。私の関連も入っていた」「私の方に役所の方から(情報が)来た」などと述べていた。

 また、旧民主党の鳩山由紀夫政権で官房副長官を務めた松井孝治氏が、ツイッターにアップした文書も流出の例にあげた。
15日の参院予算委で質問に立った議員ごとに、省庁が質問内容を把握した日時などを記した事務資料で、松井氏は「官僚の相当数が連休中に働いていることがうかがわれる。きちんと正規の情報を開示した方が健全だ」とのコメントを付していた。

 質問通告は閣僚の正確な答弁や建設的な議論のため、議員が事前に政府側へ質問内容を通知する慣習的制度。
与野党は2日前の正午までに通告するよう申し合わせている。
内容はケース・バイ・ケースで、題名や項目だけの場合もある。
政党や議員が質問前にSNSで公表したり、メディアに配布することもある。

 この問題は11日夜、ツイッターやインターネットの掲示板に「森氏の質問通告が遅れているため、残業を強いられている」という趣旨の匿名の投稿が相次いだのが発端。
国民民主党の玉木雄一郎代表はツイッターで「事実であれば問題であり、党を代表しておわびする」と表明していた。

 参院事務局によると、森氏は11日夕の期限内に質問通告を提出していた。
ただ、森氏は産経新聞の取材に対し、提出後も質問内容に関する資料を追加で政府側に渡していたことは認め、質問通告とは位置づけの異なるものだとの認識を示していた。

 16日の会見で原口氏は「
 また、国民民主の舟山康江参院国対委員長は「国家公務員の守秘義務がある中で『通告の時間が遅かった』とか『中身がこうだった』と漏らすこと自体が大問題だ」と指摘した。

 台風前夜の深夜労働への反発が匿名投稿の発端とみられることについて、原口氏は「官僚かどうかも分からない。分からないものは答えられない」と語った。
舟山氏は「責任の所在がわからない(ツイッターの)アカウントについて、内部告発とみて私たちがコメントする立場にはない」と述べた。

 また、国民民主の奥野総一郎国対委員長代行は「(官僚が)質問の遅れなどで遅くまで仕事をすることがなるべくないようにすべきだというのが、わが党のスタンスだ」と話した。

【産経新聞 2019年10月16日】

面白い展開です…。

これは、そもそも森議員の質問通告が遅かったことから始まった問題。
要するに、質問通告を極力遅くすることで、政府側に対しプレッシャーを与え混乱を誘発させることが狙い。
そして、国会答弁がしどろもどろになったところをテレビのワイドショーで大きく報道し政権支持率を下げようというもの。
まあ、昔からあった野党の戦略ですね。
これは、質問通告を遅らせる他に、わざと抽象的な質問にして各省庁の仕事を膨大にするといったものもあるようです。
ワイドショーネタになりますものね、特に桜田大臣が見事に引っかかっていました。
こういった、国民の事を全く考えていない姑息な戦略が批判の的になっただけ。

それが、台風と重なり大炎上したもんだから、論点のすり替えを行ったのがこの会見。
炎上の矛先を、情報漏洩したとされる公務員と、高橋洋一さんに向けるというものかな。
そして、さらにこれは国家公務員に対するプレッシャーですね。
「おい、次にこんな野党に批判的な内容をSNSで発信したら、どうなるかわかっているんだろうな…。」的な…。
そんな、ちっちぇー目的ではないかと、自分は思いますよ。
違いますかね…??

ところで、「質問権の侵害」ってなんなんだ…??
森議員を拉致して、国会に行かせないってことか…?
それとも、声を出せないように口をふさぐとか…。

そう思って、森議員のTwitterをみたら答えがありましたよ。



質問通告
⬇︎
通告内容漏洩(国家公務員守秘義務違反)
⬇︎
質問前に、質問内容についてネットで叩いて炎上させる
⬇︎
恐怖を感じて質問取り止め
⬇︎
国会議員の言論封殺完遂(憲法51条違反)

そんなに質問されると困るのか・・・だろうな



なるほど、「恐怖を感じて質問取り止め」…。
この人、SNSで恐怖を感じていたらしい…。
意外に弱い人だったのですね…。





プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる