FC2ブログ

映画「ディア・ハンター」!ベトナム戦争の深い傷

2017.02.25.18:00

公開時から数十年を経過して「ディア・ハンター」を見直すのは奇妙な感じです。
上映時間の長さは覚えています。
ロシアン・ルーレットの場面に眼を背けたくなったことも記憶に新しいです。
いわばこの作品は「二度と見たくない名画」の代表格だったのではないでしょうか。
ですが、この映画は見直す価値のある映画でもあると思います。
眼が異なれば、発見も異なってくると思います。

【抒情詩に火を入れる】




既にご承知の方も多いと思いますが、主な登場人物はベトナム戦争に壊された3人の男たちです。
彼らは、ペンシルベニア州クレアトンという、ロシア系の移民が築いた小さな町の鉄工所で働いているのです。

映画は3部構成の形をとっています。
第1部では、結婚式と狩の場面を通して戦争に赴く前の男たちの日常が描かれます。
第2部では、ベトナム戦争で捕虜となり、悪夢の体験に遭遇する彼らの姿が浮き彫りにされるのです。
そして第3部では、別々の形で戦後を迎える3人の姿に眼が向けられるのです。

公開当時、この映画にはある種のセンセーショナリズムがつきまとっていました。
反戦というよりも厭戦の気分が強く、呪われた男たちの傷みがなによりも前面に押し出されているからです。

ただし、監督のマイケル・チミノは、自然描写やモ群衆が登場するシーン(結婚式でも賭博でも)の撮影に莫大なエネルギーを注ぎ込んでいます。

冷え冷えとした山や霧と、ねっとりと汗ばむ群衆の痛烈な対照。
抒情詩に火を入れ、鍛え直して抒情詩と合体させる試みには感服します。

1978年のアメリカ映画です。






映画「脱出」は異様な雰囲気!サスペンス・アドベンチャー!

2017.02.24.18:00

もうかなり前だというのに、この映画を最初に見たときの衝撃は今も残っています。
4人の男が週末を利用して河を下ります。
ただそれだけの話が、なぜこれほど強烈な残像感をもたらしたのでしょうか。

【悪夢の河下りと強烈な残像感】




「脱出」の舞台は、アパラチア山系を縫って流れる1本の河です。
この河の流域は、ダム工事のために間もなく湖底に沈むことになっているのです。
その話を聞いて、アトランタに住む4人の小市民がカヌーで河下りを計画します。
リーダー格のルイス(バート・レイノルズ)は屈強なマッチョです。
友人のエド(ジョン・ヴォイト)はいくらか冷静で、サバイバル・ゲームの好きなルイスをときおりたしなめているのです。
あとのふたりは、小太りの保険業者ボブ(ネット・ベイティ)と音楽好きのドゥルー(ロニー・コックス)です。

ですが、ささやかな刺激をもとめてはじまった4人の河下りは、恐るべき悪夢に変貌するのです。
詳細は実際にご覧になっていただきたいので、ここでは明かしませんが、監督のジョン・ブアマンは、自然の根源的な力はもとより、文明に馴れきった小市民の自己満足や虚勢の見苦しさも鋭くえぐりだしています。

加えてみごとなのは、河の流れと物語の流れを一体化させたヴィルモス・シグモンドの撮影技術ではないでしょうか。
そのカメラは、4人の河下りに同行しているような感覚を画面に運び込んでいます。
だからこそ見る人は、廃屋でかき鳴らされるバンジョーの音色や、森の奥から現れる世にもおぞましい男たちの存在をいつまでも忘れられずにいるのかもしれません。

1972年のアメリカ映画です。






映画「ホット・ロック」軽快な犯罪コメディ!傑作です!

2017.02.23.18:00

ごく短い時間ですので、よくよく気を付けていないと見逃してしまうのですが、この映画には、「建設中の」世界貿易センタービルが出てきます。
そうです、四人組の泥棒がヘリコプターでニューヨーク上空を飛行する場面です。
ツインタワーの一号棟は1972年に完成しました。
二号棟の完成は翌1973年です。
「ホット・ロック」の全米公開1972年だったので、時期的にはぴったり一致します。

【無駄な血を流さぬコメディ】




「ホット・ロック」は「あの時代」の犯罪コメディ映画です。
「オーシャンズ11」や「ミニミニ大作戦」と同系列の映画といいかえてもよいかもしれません。
ジョン・ドートマンダー(ロバート・レッドフォード)に率いられた四人組の泥棒がダイヤモンドを盗みに博物館へ押し入るのです。
ところが事態は意外な展開を見せ、彼らは刑務所や警察署をつぎつぎに襲わざるを得なくなるのです。

こうなりますと、派手で血なまぐさい話に聞こえるかもしれませんが、なにしろ原作がドナルド・ウェストレイクです。
おとぼけとふくみ笑いが大好きなこの作家は、登場人物に力こぶをつくらせないのです。
その姿勢は脚本のウィリアム・ゴールドマン(「明日に向かって撃て!」)や監督のピーター・イエーツ(「ブリット」)にも受け継がれています。
ですから、この映画は無駄な血を流しません。
泥棒集団は銃やナイフを使いませんし、死体も出てきません。
あの時代の特有のまぬけなポーズは散見されますが、肩の力が抜けたこのコメディには、それが不思議によく似合っているような気がします。

1972年のアメリカ映画です。






プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる