FC2ブログ

元犯罪者が自分の過去の犯罪で金儲け・・・。

2015.11.21.18:51

頭や脚、尻尾がバラバラに切断された猫、両耳と下腹部を切り裂かれたウサギ、首をかき切られたハトやカモ――。

このところ、東京や千葉、群馬、栃木といった関東地方を中心に、北海道や兵庫まで全国各地で小動物の不審死が相次いでいる。同時多発的に発生している動物虐殺事件は報道されているだけでも、この4ヵ月で40件近くに及ぶ。

「動物虐殺」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、やはり神戸連続児童殺傷事件の元少年Aだろう。

Aは事件前、猫などの動物を虐殺していた。今年6月に出版した手記『絶歌』(太田出版)では、「猫の両眼を狙い横一文字に切り裂いた。人間の赤ん坊のような掠(かす)れた悲鳴が耳を劈(つんざ)く。鳥肌が立った」などと、実に20ページ近くを割いて、自身の猫殺しを克明に描写している。

臨床心理士の矢幡洋氏は、頻発する動物虐殺と元少年Aとの関連をこう指摘する。

「Aは元々、ダークヒーローとして、一部で“憧れの存在”でした。医療少年院退院後に消息不明だったのが今年、手記の出版や公式サイトの開設で“現実的な存在”になった。Aの言動がリアルなものになったことで、彼を模倣したいと考える人間が増えても不思議ではありません」

そもそも、動物虐待をする人間はどのような精神構造をしているのだろう。社会心理学者で新潟青陵大学大学院の碓井真史(うすいまふみ)教授は言う。

「子供の頃にアリを潰したり、トンボの羽根をむしったりするのは、心理学的には正常と見なします。それから野良猫に石をぶつけたり、飼い犬を蹴ったりするのもストレス発散、八つ当たり的な行為なのでそれほど問題ない。

しかし、首を切断したりするのは明らかに異常です。普通の人が首を切らないのは、動物愛護法などで禁じられているからではなく、かわいそう、気持ち悪いと感じるから。でも、元少年Aのような人たちはそれを楽しい、気持ちいいと感じる。今回の事件もそんな素養を持っている人たちによる犯行だと思います」

元少年A以外にも、連続幼女誘拐殺害事件の宮﨑勤、西鉄バスジャック事件の“ネオ麦茶”、池田小学校児童殺傷事件の宅間守、奈良市小1女児殺害事件の小林薫、埼玉・千葉連続通り魔事件の男子高校生などは少年の頃、動物虐殺をしていたと報道されている。やはり、相次ぐ動物虐待の矛先はやがて人間に向かうのか?

しかし、前出の碓井教授は「今回の一連の動物虐殺事件は、元少年Aが引き起こしたような“本物の凶悪犯罪”とは性質が異なる」と分析する。

「Aたちの動物虐殺は自分の快楽のためだから、他人に見られないところでやっている。人けのない空き地で殺害し、そのまま放置して人目につかないように逃げる“習性”があるんです。でも今回の犯人は、わざわざ目立つ場所に置いている。見つけた人間に恐怖感を与えることが目的で、まるで不良少年が『俺はこんなことも平気でできる』と非行自慢をしているみたい。

また先月には、埼玉県春日部市のホームセンターのペットショップでウサギの左耳が切られた事件がありましたが、そこで犯人は店員の目を盗み、わずか数分で犯行に及んでいる。これは明らかに異常なことです。社会に対する漠然とした恨みが原因なのか、全国的なメディアで過熱気味に報じられることが快感になっているのか、どちらかでしょう」

平成27年11月17日のニュースです。

恐ろしい限りです。そもそも、殺人を犯した犯罪者が、その犯罪をネタに本を出版し金儲けをしてもいいのでしょうか?
全くおかしな事だと思います。犯罪被害にあった、遺族も悲しんでいます。このようなことが許されるのでしょうか。
この記事が本当なのであれば,犯罪者の出版に関する早急な法整備が必要なのではないでしょうか。



スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる