FC2ブログ

鳩山由起夫元首相がせっせ、せっせと誰かのために働きます!

2019.10.26.18:00

【鳩山由紀夫氏、「即位礼正殿の儀」に参列…「平和憲法を守り、戦争ができる憲法に変えて欲しくないと言う天皇陛下のお気持ちが表れているお言葉でした」】

 鳩山由起夫元首相が23日、自身のツイッターを更新。
天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」に参列した感想をつづった。

 鳩山氏はツイッターで「昨日、即位礼正殿の儀に参列させていただいた。天皇陛下は2度憲法に触れられ、とくに、国民の幸せと世界の平和を願い、憲法にのっとり、象徴としての務めを果たしたいと述べられた。この平和憲法を守り戦争ができる憲法に変えて欲しくないと言う天皇陛下のお気持ちが表れているお言葉でした」とつづっていた。

【スポーツ報知 2019年10月23日】



完全にミスリードを狙ったつぶやきですね。

陛下のお言葉の「憲法にのっとり」とは、「憲法を守る」という意味。
この「守る」は、「約束を守る」「規則を守る」「法律を守る」の「守る」です。

一方、鳩山由紀夫氏がミスリードを狙ったのは「憲法を護る」。
「護る」は、「国境を護る」「王宮を護る」といったかばうことです。
なので、「憲法を変えるな!」はこの「護る」。

つまり、天皇陛下は「憲法を変えてほしくない」と言ったのではなく、「憲法どおりに」ということを言ったわけで…。
鳩山由紀夫氏は、全く異なる意味を全世界に向けて発信しているということ!
いったい、この人は何をしているのだろう…。

このミスリード、テレビでもやっていたようですね…。
TBSでは、韓国でこの内容で放送していたものを引用し、逃げ道を使った姑息な放送でした…。
ひどい…。


ところで、天皇陛下は「憲法を変えてほしくない」といった政治的発言はできません。
また、憲法では「憲法の改正」についても明記されていますので、「憲法を変えてほしくない」という発言は憲法にのっとることなりません。





スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる