FC2ブログ

百田尚樹氏のカエルの楽園の紹介の次は鳥越俊太郎氏を紹介!反日家!

2016.03.12.12:06

先日は、百田尚樹さんの著書、「カエルの楽園」について書かせていただきました。

今回は、百田尚樹さんとは水と油。

全く逆の考えを持っています、鳥越俊太郎さんを紹介します。

鳥越俊太郎さんとは?「安保法案」反対の理由


鳥越俊太郎さんは、昨年騒ぎになった安保法案に大反対したジャーナリストの一人です。

下に貼りました動画を見ていただければわかりますが、「安保法案は必要ない!」とのかなり強い考えを持っています。

なぜ、「安保法案」が必要ないのか?

それは、「どこの国も日本を攻めてくるはずがない。」との考えが基になっているようです。

元首相の村山富一さんもテレビで同様な発言をしていました。「日本が攻められるわけがない。」と。(その時は、石原慎太郎さんに「おめでたい人」と半分バカにされていました。)

どこの国も、日本を攻めてくるはずがない、というの根拠はいったい何なのでしょうかね。

しかし、「どこの国も日本を攻めてこない。」という論理から物事を考えますと、自衛隊は必要ないわけですね。

まっ、そもそも、共産党などの左派系は「自衛隊反対」なわけですから。

おめでたいといいますか。

憲法9条が守っているとでも思っているのでしょうか。

まず、この動画をご覧ください。笑いますよ!!!!



しかしです!

国土と国民の命を守るためには、「攻めてくるはずがない。」ではいけないのですね。

「攻めてくるかもしれない。」といった考えで、万が一に備えなくては責任のある政治家とは言えないのです。

中国は、フィリピンから米軍が撤退したのを機に、南沙諸島を開発し始めましたね。

そういった事実を棚に上げ、よくもまあ、言えたもんですね。あきれます。

しかも、左派系の方々はみなさん口をそろえて言います。

全て「話し合いで解決するべきだ。」と。

「中国のみなさん!南沙諸島の開発はやめましょう!」と発言してどうにかなるとでも思っているのでしょうかね。

「わが国には『憲法9条』があるんだぞ!どうだ!参ったか!」と言ったところで、どうにもならないことは明らかではないですか。

こういった、鳥越俊太郎さんをはじめとする左派系の方々には、是非、「カエルの楽園」を読んでいただき、意見を述べていただきたいと願ってやみません。

でも、無理か・・・。




スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる