fc2ブログ

上西小百合議員が議員辞職しないのあれば直ちに法律改正するべき!

2016.03.16.17:45

比例当選した上西小百合衆議院議員。維新の党を除名されたのならば議員辞職するのが筋。しかし、彼女は議員であり続けている。

政党に投票したのに党を除名された人間が議員であり続けてもいいのか?


そもそも、上西小百合議員は維新の党から比例で当選した衆議院議員なのであります。

テレビでもお馴染みですが、問題を起こして維新の党から除名処分を受けました。

その後、議員を粘り強く続けています。

記者たちに、様々な皮肉めいた質問をされても、粘り強く議員を続けています。

ある意味、根性が凄いですね。

その後は、様々なテレビ番組に出演し、様々な批判を受け続けています。

それでも彼女は、粘り強く議員を続けています。

テレビ番組では当然、「議員辞職するべき。」との意見が上がりますが、その意見に対し反論し、議員を続けています。

比例当選ということは、有権者は「維新の党」に票を投じたのでのであって、除名された上西議員に投票したのではありません。

テレビ番組で、世論調査をすると当然ながら、「議員辞職するべき。」といった意見が大半を占めます。

しかし、全く彼女は辞職する気はないようです。

それそころか、写真集を出版し、とにかく金儲けに走っているようです。

おそらく、次回の選挙で、彼女の当選は厳しいでしょう。であれば、今のうちに有名になって、お金を儲けておこうといった考えなのでしょうか?全く疑問です。

ある意味、テレビで取り上げられる回数が増え、上西議員が喜んでいるかのように見えるのは私だけでしょうか?おそらく、写真集も売れているのでしょうね・・・・。



これは、議員の首を切ることができない、現在の法律に問題があると思います。ただちに、比例当選した人間が、党を離党・除名・移籍した場合は、議員の職を失うような法改正が必要だと思います。

有権者の税金が、上西議員に支払われるのはどう考えてもおかしな話だと思いますが。




スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる