FC2ブログ

平然と嘘をつくのが当たり前の世界になっていくのだろうか…。

2020.11.05.18:00

【日本や米国はいつまで人類に危害を与えるつもりなのか説明を―中国メディア】

2020年11月3日、新民晩報は、「福島から東京まで、日本の汚染水はどうするのか」とする評論記事を掲載した。

記事はまず、東京都府中市や国分寺市の住民の血液中から、基準値を超える有機フッ素化合物が検出されたとの報道があったことを紹介。
「これは多くの国の学校教科書に採用されている、1950年代に日本で発生した水俣病を想起させる」とした。

そして、「戦後、日本は工業を飛躍的に発展させる一方で環境保護措置を取らなかったことで、工業汚染や各種公害が深刻な被害をもたらした。その後、日本や西側先進国は環境保護を重視し始めるようになった。しかし、日本の福島第一原発の汚染処理水海洋放出問題や東京で発生した状況からは、日本のような先進国でも、工業汚染が完全に解決されていないことが見て取れるのだ」と説明した。

また、「府中市や国分寺市の問題は米軍が引き起こしたという見方もある」とし、「2018年に英国の記者が米軍の内部資料から『横田基地で2010~17年に3000リットル余りの消火剤が土壌中に漏れ出した。消火剤には発がん性有機フッ素化合物のPFOSやPFOAが含まれていたことが明らかになった』と告発した」と伝えた。

記事は、「太平洋への汚染処理水放出にしろ、米軍による世界各地での汚染にしろ、結局のところはみな人類に危害をもたらすことになる」とし、「日本政府や米国政府は、国際社会に対して、どうしてそのようなことをするのか、いつまで人類に危害を与えるつもりなのか、今後はどうするのか、を説明しなければならない」と主張。
「同時に、国際社会がどのようにコンセンサスを形成し、ともに環境汚染の発端を防いでいくかを議論のテーマにしていかなければならないのである」と結んだ。
(翻訳・編集/川尻)

【レコードチャイナ 2020年11月4日】

チャイナが「いつまで人類に危害を与えるつもりなのか」といっています…。

世界で一番、地球環境を汚しているチャイナが、こんなことをいっています…。

なにこれ???

実は先日、車で信号待ちをしていたら、後ろに追突されました…。
そこで、何よりも驚いたのが…。
追突した30代前半の女性が、「あなた、バックしてきましたよね!!」と発言したこと。
大きな交差点のど真ん中で、ギアはドライブでフットブレーキを踏んでいた状態の私に対し、相手は「私がバックした!」と主張したのです…。
平然と嘘をつく彼女の姿に、狂気を感じました。

とりあえず、警察を呼んだのですが、お互いの主張は平行線。
最終的に、警察が近くのコンビニで防犯カメラを確認し、私が停止していたことが証明されました…。

なんだか、世の中がおかしい…。
嘘をついた人間が良い人生を送る世の中になってきたのだろうか…。

チャイナのこのニュースも、全く同じ…。

ちなみに、車の後部がへこんだのですが、追突した彼女は賠償に応じません…。
警察は、民事不介入だし…。
こっちの保険会社は、相手の非が100%の場合は介入しないとのこと…。
裁判起こす気もないので、このまま泣き寝入りということかな…。


おかしいでしょ、世の中…。





スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる