fc2ブログ

メディアの力!

2015.09.12.12:21

アトランタオリンピックで有森裕子選手が銅メダルを獲得し「自分で自分を褒めたい。」と言って涙を流したシーン。確かにメダル獲得は素晴らしいことだし、しかも二大会連続だし、自分も喜びました。いろんなドラマがあったと思いますし。ただ、自分が思ったのは、このシーンって、「オリンピック感動の名場面ランキング」的な当時の様々な番組でかなりの高ランクで何度も放送されたことが物凄く不思議でなりませんでした。当時は、金メダリストも銀メダリストもたくさんいました。しかし、有森さんの涙のシーンが一番放送されたと思います。当時は、これってメディアのコントロールっていうか力ではないかなと思ったしだいです。


東日本大震災の時には、原発事故後の東電に対する報道も似たような気持ちになりました。確かに東電にも責任はあると思いますが、当時の民主党政権にも大きな責任があったと思います。しかし、政府・メディアそろって、矛先を東電に向けたのです。
東電社員の高待遇・高額給料そして役員の高額給料等々。原発事故とは全く関係のないことでかなりひどいバッシング報道を長期間に渡り行いました。そして、国民は電力会社=悪徳企業といった印象を持ち始め、東電社員の子供が学校でいじめにあう事件まで起きました。

鈴木宗男の汚職事件の時もそうでした。自分は正直、鈴木宗男のことはどうでもよかったのですが、報道があまりにも偏り過ぎ(鈴木宗男バッシング)ではないかと思いました。

あと、自分は大嫌いですが、小沢一郎の陸山会事件もそうです。これは政治生命を断とうするような意図が見えました。

で、自分が一番言いたいことは、今回の安保法案の切り取り報道です。日本のメディアは安保法案反対なんですかね?完全に【安保法案=徴兵・戦争】となってしまっています。特に、SEALDs(シールズ)のデモを大きく長時間取り上げています。それでもって、報道を真に受けた国民は本当に戦争になると思ってデモに参加しています。ひどいのは高校生です。先日、高校生を特集していた番組をみましたが、彼らは本当に戦争になると思って行動を起こしています。

今回の法案を正しく説明しているシーンは本当に少ないです。櫻井よしこさんも必死に訴えてますが、肝心な「なぜ、安保法案の早期成立が重要なのか」といった本質がカットされ、「安保法案の早期成立を望みます。」といった部分だけ切り取りで報道され、しかも数秒です。

国会の野党の質問もかなり変なものばかりです。報道機関を意識した、【戦争ができてしまう法案・憲法違反】とメディアが報道することを目的としているとしか考えられないような質問ばかりです。法案をもっと良いものにしていこうという意識は全く感じられず、とにかく与党を転覆させようとする質問ばかりで、国会は全く論議になっていません。まあ情けない野党です。報道も、そのまま野党の意のままに報道してしまいます。

最大の問題は、報道機関が、「こいつは気に食わない」と思ったら、バッシングを続けて抹殺してしまう。こんなことが自由にできてしまう。実際に報道がきっかけで自ら命を絶った人もたくさんいます。
この国は、完全に報道機関にコントロールされているといっても過言ではないのでは。この国の最高権力者はもしかしたら報道機関?

この国はいったいどこに向かうのか?
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる