FC2ブログ

性奴隷という言葉を命名して自慢する戸塚悦朗氏!目的は?何の得がある?

2016.10.20.18:00

戸塚悦朗氏とは、1942年静岡県浜松市生まれの弁護士です。
朝鮮・韓国人の従軍慰安婦問題を、国連のNGOに所属する立場を利用して、20回近い会合に出席し国連人権委員会が勧告を出すよう執拗に働きかけ、現在の慰安婦問題に多大な影響を与えた偉い方なのです。
素晴らしい活動家ですね。
それにしても、こういった日本国と日本人、また自分たちの先祖の方々を執拗に貶める活動は、いったい戸塚さんにとって何の得があるのでしょうか?

国連の会合に20回近く出席って交通費大丈夫か?


従軍慰安婦問題は、1980年代に朝日新聞の捏造記事が発端となり始まった問題です。
しかし、この問題が世界的に広まった大きな原因が1990年代に「性奴隷」(Sex Slaves)という言葉が生まれてからです。



それにしても、この人弁護士なのですが、このような活動していて収入があるのでしょうか?

しかも国連の会合に20回近く出席するって交通費・滞在費も凄いでしょ・・・。

さらに最も不思議でならないのが、この人弁護士ですよ。
弁護士といえば法律の専門家であり、「証拠」の重要性というものを誰よりも深く理解している人です。
それが、全く証拠が出てこない従軍慰安婦問題を、ここまで執拗に世界に広めようとする弁護士の気持ちがわかりません。

いったい、何の得があってこんな活動をしているのでしょうか?
何を目指しているのか・・・?






スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる