FC2ブログ

NHKが出演を拒否する行為は憲法上問題ないの?言論弾圧にはならない?

2016.11.22.18:00

なんだか、芸能人はテレビ局に対し、かなりの発言の気遣いをしているそうです。
テレビ局に対し、少しでも批判的な内容の発言をしてしまうと出演できなくなってしまうというのです。
テレビ局が自由に開設できて、視聴者が数百チャンネルの中から、自分の見たい番組を選ぶといった、世界標準であれば問題はないと思います。
しかし、日本の場合は現在のキー局が地上波を独占している状態です。
ですから、放送内容が政治的な誘導にならないように、放送法があると思うのですね。

【差別とか言論弾圧とか表現の自由に抵触しない?】


そういった、放送法の中で、「芸能人の過去の発言が気に入らない」という理由で、出演ができなくなるのは、憲法上問題ないのですかね?
過去に、NHK紅白歌合戦に出演し、視聴者から苦情があったといった理由でNHK出入り禁止の芸能人がいます。
紅白歌合戦以外の番組でも、「視聴者からの苦情」といった理由で、多くの芸能人が出入り禁止となっているようです。
それにしても、「視聴者からの苦情」って本当の理由なのでしょうか?
中には、本当に苦情が殺到した芸能人もいたとは思うのですが・・・。
仮に、視聴者からの苦情で出演させられないのであれば、お笑い芸人はほとんど存在しなくなるのでは・・・。
お笑い芸人以外であっても、不快な発言する人は多くいますよね。

こういった、テレビ局の行為は、
「差別だー」とか、
「言論弾圧だー」
とかならないのでしょうか?



地上波放送を自由競争にして、偏向報道でもなんでも有りにすれば何も問題はないと思います。
地上波電波を独占しておきながら、他の業者の新規参入を拒み、自分たちだけ好き勝ってやるからダメなんだよな!






スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる