FC2ブログ

韓国は民主主義国家ではなかった?言論の自由もない国と外交は不可能?

2016.11.14.18:00

先日、産経新聞元ソウル支局長、加藤達也さんがテレビに出演していました。
加藤さんは、韓国で身柄を拘束された人ですね。
もう、加藤さんが拘束された段階で、韓国に言論の自由がないことは世界に発信されましたが、加藤さんのテレビでの発言を聞いて、ここまで酷いとは思いませんでした。

【チェ・スンシル容疑者の暴君ぶりを大公開】


チェ容疑者の身元を確認しようとした大統領府警備が左遷
大統領府の外部の警備を担当していた、警察101部隊。
隊員は、入行者の身元を必ず確認するのが業務となっていたそうです。
シールドを貼った車が来れば当然、確認はすることとなるのですが、チェ容疑者の車を止めたところ、押し問答となり、結局、担当した警察官が左遷されてしまったそうです。
通常であれば、顔パスのはずが、そうはいかなかった事情があったものと思われます。

ちなみに、チェ容疑者は、まったくの民間人で政府の肩書はない状況でした。
単なる、大統領の個人的友人関係で、政府に出入りをすることは普通の国では考えられないことなのだそうです。

政府には、第二付属室と第一付属室があり、第一は大統領の世話、第二は大統領の家族の世話を担当するのですが、パク・クネ大統領は独身のため不要であり閉鎖される予定でした。
それを、第二付属室をチェ容疑者が専用で使用していたそうです。

チェ容疑者の運転手=前第二付属室行政官
チェ容疑者の元スポーツトレーナー=前第二付属室行政官
チェ容疑者の甥の友達=前広報秘書官室行政官
チェ容疑者の遠い親戚=前総務秘書官室行政官


第二付属室には60万円以上のベッドが3つあったそうです。

産経新聞の加藤さんでも知っていたように、韓国メディアは、完全にパク・クネ大統領の周囲が不可解な人間関係があることを把握していたそうです。
実は、大統領選挙の前から、チェ容疑者の事は全て公然だったそうなのです。
知っていても、知っているふりができない、ある意味恐怖政治が存在していたということなのです。
SNSで発信する方法もあるのですが、すぐに名誉棄損となり摘発されてしまうといった恐怖が存在するのです。
これが韓国の文化だということ。
要するに言論の自由が全くないということですね。


チェ容疑者の娘が馬術の試合で負けると警察に審判員を連行させ乗馬協会の関係者を総入れ替え

チェ容疑者の娘は、大学の裏口入学を疑われた過去があるのですが、その娘は「ひがむな。恨むのであれば、自分の親に金がないことを恨め」と発信したそうです。

チェ容疑者の娘は、横暴さが理由で学校でいじめられていた時期があったそうです。
その当時、役所の機関である女性家族部の長官が国会で「チェ容疑者の娘がいじめられている実態についてどう思うか?」と答弁を求められた経緯もあるとのこと。
国会で答弁を引き出したのもチェ容疑者の力だとされているのです。

日本の教育は、「人様に迷惑をかけるな」、韓国の教育は、「あなたが世界の中心だ」といったことが背景にあるのではないかとのことでした。


ピョンチャンオリンピックスタジアムの工事をチェ容疑者の会社にさせなかった、オリンピック組織委員会の委員長(ナッツ姫の父親)を事実上解任
チェ容疑者は、随分前から、オリンピック会場とされる土地を大量購入していたそうです。


もう、ここまで来ると、お隣の北朝鮮の将軍様レベルですね。
やはり、同じ民族ということなのでしょうか・・・。







スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる