FC2ブログ

映画「スペース・カウボーイ」本編最後の曲は感動的!

2017.01.09.18:00

「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」という曲をご存知でしょうか。
この曲です。

「月へ連れて行って。星と星の間で遊ばせて・・・。」といった歌詞です。
あまりにも有名なこの曲ですが、過去にはアニタ・オデイも、アストラッド・ジルベルトも、フランク・シナトラも、この曲をさまざまにアレンジして人々の耳を楽しませてくれました。

【男が男を張り続ける楽しさ】




この曲は映画「スペース・カウボーイ」のテーマソングといってもよいのかもしれません。
理由については、実際に映画を味わっていただきたいと思います。
映画の主人公は70歳前後の老人たちです。
1950年代末、青年だった彼らは宇宙飛行士養成計画に加わりながら、チンパンジーに先を越されてしまうのです。
そして現在、旧ソ連の通信衛星が故障したことで、再度チャンスがめぐってくるのです。

誘導装置の故障を直せるのは、設計者のフランク・コーヴィン博士(クリント・イーストウッド)ただひとりなのです。
フランク・コーヴィン博士はかつての僚友に招集をかけます。
操縦士のホーク(トミー・リー・ジョーンズ)、技師のジェリー(ドナルド・サザーランド)、航空士のタンク(ジェームズ・ガーナー)とフランク・コーヴィン博士の4人はNASAの訓練に参加して宇宙を目指すのです。

監督も兼ねるクリント・イーストウッドは、とても品よくこの映画をまとめています。
冒険の急所も的確に押さえながら、映画は進んでいきます。






スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる