FC2ブログ

映画「ブルース・ブラザース」!音楽映画のノンストップ・コメディ!

2017.03.09.18:00

キャブ・キャロウェイが「ミニー・ザ・ムーチャー」を歌うらしいぞ。
スティーヴ・クロッパーのギターも見られるそうじゃないか。
かなり前にブルース・ブラザースが公開されたとき、音楽好きの間ではこんな会話が秘かにかわされていたそうです。
キャロウェイはアポロ劇場の伝説で、クロッパーは名曲「ドック・オブ・ザ・ベイ」の作者でした。
映像複製技術の不十分だった当時は「幻」の価値がとても高かったそうです。

【アナーキーなノンストップ・コメディ】




話のあらすじは紹介するまでもないと思いますが簡単にお伝えします。
シカゴのチンピラ兄弟ジェイク(ジョン・ベルーシ)とエルウッド(ダン・エイクロイド)が、自分たちの育った孤児院の経済的危機を救うため、昔のバンドを再結成します。
ですが、ドジの多いふたりは、警察やネオナチやカントリー&ウェスタンのバンドや謎の女にしつこく追われる羽目になります。

そんなわけで、この映画は「こわした車の数は史上最多」という珍記録を保持しています。
ですが、ジョン・ランディス監督の狙いは、アナーキーなノンストップ・コメディをつくることだったそうです。

この狙いは、監督のタイミング感覚がやや鈍いこともあって完全に果たされているとはいいがたいのです。
それでも、ベルーシの突拍子もない動きはいまなお革命的に新鮮ですし、アレサ・フランクリンが「シンク」を歌う場面の楽しさなどは他に類を見ません。

いくつかの欠点を含みつつ、「ブルース・ブラザース」は映画史上にユニークな位置を占めています。

1980年のアメリカ映画です。






スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる