NHKが反日放送をする理由とは!実は中国が大きく絡んでいる?

2017.03.19.18:00

NHKは「日本放送協会」という公共放送局です。
国営放送ではありませんから、ご存じのとおり政府の規制を受けることはないどころか、反日国の国是に従ったかのような放送が目に余り、実際に問題視されていて受信料の不払いや放送内容に関する裁判沙汰、国際問題にまでなっているのです。

【なぜ反日番組が作られる?】


NHKの住所は「東京都渋谷区神南2-2-1」ですが同じ所番地にCCTV、つまり中国国営放送である中国中央テレビ(中国語では「中国中央電視台」)日本支局が入っています。
(※ちなみに同じ中国の報道機関である人民日報の東京支局朝日新聞内にあります。)
日本における中国に関する報道は、このCCTVからの情報がほとんどです。
そして中国がメディアを使って情報統制をし、世論を操作していることは、今や世界の常識です。

しかしながらここを無視した放送をすれば、相手は国営放送だけに、NHKは中国への取材などでの出入国に制限を受ける可能性や、情報を遮断される可能性もありますから、迂闊に中国に不利な情報なんて流せません。
台湾発の中国関連情報などは、まずムリでしょう。

ですから、中国が核兵器を開発してからこれまで、内陸部のシルクロードを含めた新疆ウイグル自治区やその他の場所で、住民に知らせずに43回もの核実験を行い多くの村が被ばくしたことなど全く報じられないのです。
まあ、ちょうどその当時NHKは「シルクロード」ブームでしたから、太古のロマンに憧れた日本人観光客を誘い出し、被曝させた可能性がある以上、同局としても絶対に触れたくないことでしょう。

このように、日本のメディアはその仕組みや情報発信において、日本と対立する国の実情を伝えにくい性質を持っていて、それが国民に危機の実在を伝えない原因となっています。
また私たち自身、くだらない番組の中から比較的くだらなくないかもしれない番組を探して時間を過ごしていて、知らず知らずのうちに「情報麻酔」に侵されています。
しかも数十年にわたって麻酔を食らっていますから、もう廃人手前の状能です。
痛みを感知しない、うちに背中は床ずれで腐敗が進み、夢見る寝たきり老人状態になっているのです。

まずは、痛みと病状を自覚するための、準備運動から進めなくてはいけません。
これは、世界各国どの国民でも持ち合わせている、世界標準的国民意識を取り戻すための、真実に関する頭のリハビリです。





スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
マット・デイモン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる