FC2ブログ

「北朝鮮はとんでもない国」というのは間違いだ!という神奈川新聞!

2017.10.24.18:00

まずは、神奈川新聞の記事をどうぞ!!
↓↓↓
私たちはいつ、対話を否定し、北朝鮮を刺激するような政治を安倍首相に託したか。

突然の衆院解散を「国難突破解散」と名付けた安倍政権自体が戦争を招き寄せることにならないか。

命を脅かされていると感じるのは、私の杞憂(きゆう)なのか。

トランプ米大統領が北朝鮮の金(キム)正(ジョン)恩(ウン)委員長を「ロケットマン」などと揶揄(やゆ)して挑発したとき、安倍首相はなぜトランプ氏をいさめなかったのか。

長崎の被爆者団体が核禁止条約の交渉にすら参加しない日本政府の姿勢を批判して「あなたはどこの国の総理ですか」と詰め寄ったが、日本の首相として国民の命を守る気が本当にあるのか。

全国各地でこの間、ミサイル対策訓練として、大人から子どもまで地面にはいつくばって頭を抱える訓練が繰り広げられてきた。
私たちは無意識のうちに「北朝鮮はとんでもない国だ」と刷り込まれていないか。


かの地にも私たちと同じように日常生活を送る市井の人々がいる。

政治がつくり出した憎悪は北朝鮮の人々だけでなく、ヘイトデモが繰り返されている川崎をはじめ国内の在日コリアンにも向けられている。

東京都の小池百合子知事が率いる希望の党も排外の傾向がにじみ出ている。

公認候補との政策協定書に永住外国人への地方参政権付与反対を盛り込んだ。

小池氏自身は関東大震災で虐殺の犠牲となった朝鮮人に対する追悼文を取りやめた。

安保政策や改憲に前向きなスタンスも自民党と変わらない。

排外の行き着く先は何か。

命をなきものにして構わないという戦争に近づいてしまうのではないか。

人を人と思わずに障害者19人の命を奪ったやまゆり園事件は、この国が戦争への道を歩んでいる予兆に思えてならない。

私たちは既に、個人の尊厳が脅かされる時代を生きている。

排他の矛先が今は自分に向けられていないからといって、ほおかむりしていていいのだろうか。

やまゆり園事件で問われているのは個人の尊厳を守る社会や政治をいかに築き上げるかであり、それはまさに今回の衆院選の隠された最大の争点ではないか。

多様性を尊重し、個人の尊厳を守る意思があるかどうか、選挙戦で各候補者の主張を見極めたい。

それは主権者たる私たちの責務である。

【ソース:2017年10月9日神奈川新聞】

【「北朝鮮はとんでもない国だ」と刷り込み?】


神奈川新聞は社員一同ご存じないのかもしれませんが、北朝鮮は核兵器で日本列島を沈めると言っています。
つまり、日本人を皆殺しにすると言っているのですね。
これだけでも、「とんでもない国」なのですが…。
しかも、多くの罪のない日本人をさらって帰しません。
また、国家ぐるみで麻薬の製造、偽札の製造、サイバー攻撃により他国の銀行強盗を行っています。
はっきりいって、世界最大級の犯罪組織では?




スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる