FC2ブログ

「侵略戦争」の意味とは?侵略したい理由はいったいどこに?

2017.12.03.18:00

安倍政権の「加憲論」は米国に追従して「侵略戦争」に荷担する道である。
一方、「護憲絶対盲従派」は結局、集団的自衛権の容認派であり、対米追従派であることに変わりがない。
安倍政権と護憲派は同じ穴のムジナなのだ。
どちらも「侵略戦争容認派」である。
わしは違う。「侵略戦争否定派」である。
一番、平和主義なのが、わしや山尾志桜里や「ゴー宣道場」の支持者たちである。
「ゴー宣道場」の支持者たちよ、我々は「平和主義者」だと誇っていい。
我々は「侵略戦争」を防ぐ者たちだと誇れ!
安倍政権と護憲派は、共に「侵略戦争容認派」だという認識に立つべきである。

【小林よしのり氏のオフィシャルブログより】

習近平さんだったらわかりますが…

今の時代、この日本でいったい誰が「侵略戦争」を企てようというのでしょうか…。
仮に、侵略戦争を企てる人がいたとして、その戦争にいったいどういった意味があるというのでしょう…。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる