FC2ブログ

東電元副社長に対し女性運動家が口止め料5000万円要求!恐喝??

2018.04.08.18:00

【東電元副社長が懺悔告白「被災地運動家と関係を持った」】

 東京電力ホールディングス(以下、東電)の元副社長・石崎芳行氏(64)が「週刊文春」の取材に応じ、福島県内に住む被災者A子さんと不適切な関係にあったことを認め、その後のトラブルについて語った。

「この半年間、悩み続けてきました。どうしたら死ねるのかという考えも頭をよぎりました。ただ文春から取材の連絡がきたときに決心しました。もう洗いざらいお話ししようと。そのために昨日、会社に退職願を提出しました。会社や家族、被災地の方々にご迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 1977年、東電に入社した石崎氏は、福島第二原発所長や副社長を経て、2013年1月に福島復興本社の初代代表に就任。
昨年6月からは福島担当特別顧問だった。
東電の最高幹部であり、“福島復興の顔”でもあった石崎氏は、3月28日に辞表を提出。
同月31日付で福島担当特別顧問を退任している。

 石崎氏のお相手は50代の独身女性A子さん。
彼女は福島や東京を拠点に、被災地支援の活動を精力的に行う運動家でもある。
A子さんが主宰する団体の活動はマスコミに度々取り上げられ、震災復興に尽力したとして、「日本復興の光大賞」を受賞したこともある。

 15年7月、東電の復興本社があったJヴィレッジで2人は出会った。
翌16年4月に男女の仲となり、交際は1年半ほど続いた。

 だが昨年11月頃から2人の関係は悪化。
A子さんが石崎氏に対し、〈口止め料、精神的慰謝料5000万で手を打ちましょう〉〈子孫の代まで汚名を背負わせる〉といった内容のメールを送る事態となった。

 東電の広報部は「(2人の関係、公私混同については)会社として承知しておらず、回答を差し控えたい」と答えた。
4月5日(木)発売の「週刊文春」では、石崎氏、A子さんへの長時間のインタビューにより、福島の復興に水を差しかねないトラブルについて詳報している。
また「 週刊文春デジタル 」では、石崎氏の告白動画《完全版》を同日朝5時より公開する。

【ソース:Yahoo!ニュース 2018年4月4日】

この50代の女性は、既に前文科省事務次官で風俗店で若い女性専用の貧困調査を担当していた前川喜平氏とのツーショット写真が出回っているようです。
ということは、もしかしたら左翼活動家??
それにしても、5000万円とは!完全に恐喝ですよね!
よくもまあ…。







スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる