FC2ブログ

業務上過失致死容疑で大阪府警が捜査!許されぬ人災!

2018.06.20.18:00

【倒壊した塀の点検結果「業者の記憶があいまい」高槻市長】

 大阪府北部を震源とした最大震度6弱の地震で大阪府高槻市の寿栄小学校でブロック塀が倒れ、4年生の三宅璃奈(りな)さん(9)が死亡した事故について、大阪府警は19日、業務上過失致死容疑で現場検証した。
また高槻市は19日夜に会見を開き、改めてブロック塀が建築基準法に違反していたと認めて謝罪。
昨年実施した点検結果も公表したが、内容を問われると、「調査中」と繰り返した。

 会見には浜田剛史市長と市教委の樽井弘三教育長が出席。
冒頭で浜田市長はブロック塀の構造について、「法令に適合していなかった。市の責任を痛感しており、原因究明と再発防止に全力を注ぐ」と述べ、市の責任を認めた。
また樽井教育長は18日に、三宅さんの両親に謝罪したと明かし、「お父さんもお母さんも悲しみに暮れていた。私も多くの言葉をかけることができなかった」と話した。

 市によると、倒壊した塀の高さは1・9メートルの基礎部分にブロックを8段(1・6メートル)積み上げた構造で、建築基準法施行令に違反する構造だった。
市はブロック塀を含む校内の建物について、3年ごとに専門業者に依頼して安全点検を実施。
会見では、2017年1月に実施した定期点検結果の報告書が公表された。

 報告書には131項目の内容を記載。
各項目には「指摘なし」「要是正」などの欄があり、それぞれ「○」と「-」印がつけられていた。
倒壊したブロック塀も「-」と記されており、この印の意味に質問が集中。
しかし市側は「当時の業者の記憶があいまい」などと述べ、昨年の調査結果の内容については明らかにされなかった。

 一方、この日寿栄小学校では午前10時半から、文部科学省の担当者ら5人がブロック塀を調査。
約1時間、塀や基礎部分の割れ目などを調べた。
文科省の丹沢広行・文部科学戦略官らによると、基礎部分とその上のブロック部分は、長さ33センチ、太さ1・3センチの鉄筋約50本で接続。
これとは別に、塀の中には太さ9ミリの鉄筋が縦と横に40センチ間隔で入っていた。
だが、これら二つの鉄筋はつながっていなかった。

【ヤフーニュース 2018年6月19日】

しらじらしいですね。
「当時の業者の記憶が曖昧」って言ってますが、業者と結託してるようにしか思えません。
点検において、完全に危険を察知しいるから「○」ではないわけで、「×」ではなく「-」にしたのは何らかの力が働いたから、と考えるのが自然かと。
大阪府警は徹底的に捜査し、真実を明らかにしてほしいですね。
こんな人災は2度と起こしてはいけない。





スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる