FC2ブログ

「組織が決めたことには従いましょう」って文科省職員は小学生?

2018.10.18.18:00

【新文科次官「面従腹背やめましょう」前川氏の著書名も…】

 政府は16日の閣議で、文部科学省の事務次官に藤原誠官房長(61)を起用する人事を決めた。
同省は次官が2代連続して不祥事で辞任をしている。
同日付で就任した藤原氏は職員向けのあいさつで「文科省の組織文化の形成過程をきちんと検証していかなければならない」と述べ、「(従うように見せながら、内心は反抗する)面従腹背はやめましょう」と呼びかけた。

 面従腹背は、文科省による組織的な天下りの責任を取って辞職し、その後に安倍晋三政権を批判している前川喜平元次官の座右の銘で、著書のタイトルにもなっている。
藤原氏は職員に「議論すべき時はきちんと意見を言っていただき、組織が決めたことには従う。決めた後、議論のプロセスをむやみに外に流さない」と求めた。

 文科省では今年7月以降、前科学技術・学術政策局長の佐野太被告が受託収賄罪で、前国際統括官の川端和明被告が収賄罪で逮捕・起訴された。
戸谷(とだに)一夫前事務次官と、高橋道和(みちやす)前初等中等教育局長も贈賄側の業者から不適切な接待を受けたとして減給処分を受け、9月に辞職。
藤原氏も天下り問題では減給処分を受けており、あいさつでは「文科省の組織文化がどうなっているのか、考えざるを得ない」と発言。
現役とOBの関係を見直し、若手の意見をくみ上げる仕組みを作りたいと述べた。

 人事は、生涯学習政策局を時代の変化に合わせ一貫した教育政策を行うため「総合教育政策局」に変え、防災対応を強める「文教施設企画・防災部」を設置するタイミングに合わせて行われた。
(矢島大輔)

【朝日新聞 2018年10月16日】

おいおい…。
「面従腹背はやめましょう」だって…。
面従腹背である人物に対して、そんなこと言って通用するの??
日本全国民に「犯罪はやめましょう」と言って、犯罪はなくなるのか??

それにしても、この挨拶…。
「議論をしよう」
「意見を言おう」
「組織が決めたことに従おう」
「省内の秘密は守りましょう」
だって…。
これも、まるで小学生を相手にしているようです…。
つまり、文科省職員は、今まで以下のとおりだったということ。

①キチンと議論をしない。
②自分の意見は言わない。
③組織が決めたことに従わない。
④省内の秘密をどんどん外部に漏洩する。


こんな組織があるのか?と驚きます。
これは当たり前のことであり、こんなことをわざわざ組織のトップが発言しなくてはいけないとは…。
この組織が犯罪を繰り返して、腐っていくのもわかりますね…。





スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

2015graman

Author:2015graman
思うことを不定期でお知らせします。

◆政治に求める事
憲法改正の投票させて!

◆趣味
競馬・スポーツ観戦(特に総合格闘技・ボクシング)・映画鑑賞

◆好きな俳優
シャーリーズ・セロン
山田孝之

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブラッド

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる